運動して高血圧を予防しよう

運動して高血圧を予防しよう

高血圧にならないようにするためにはダイエットをすることも重要なポイントです。食事の量を減らしてみたり、カロリーの低い食材を組み合わせたりするなどの方法が一般的です。そしてもう1つ、運動によりダイエットもあります。これらを同時に行なうことにより、より効果が高まります。

 

肥満はそのままほうっておくのは危険です。高血圧の危険な要因のひとつともいわれています。高血圧以外にも、糖尿病など他の血管病をも引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

高血圧であり、肥満でもあるという方は、まず体重を減らすことから始めましょう。体重が4〜5kg落ちると血圧は5〜10mmも下がるのです。高血圧を予防するためによいとされる運動にはどういったものがあるでしょうか。

 

気軽に一人で始められる有酸素運動などが良いと思います。ウォーキングやジョギングなどは誰でもすぐに始められる運動ですよね。呼吸をとめることなく、体中の筋肉を使いながら行ないます。もし血管病を持っていたならば、運動を始める前に病院で医師に相談してから行なってください。

 

運動を始めたとしても三日坊主で終わってしまっては意味がありません。毎日の生活の中にうまく取り入れながら、長く続けられるように工夫をしてみてくださいね。たとえば、エレベーターは使わずに階段を上るように心がけてみたり、歩いていける距離ならば車での移動ではなく歩いていくようにしてみたいなど、ちょっと意識するだけで意外と体を動かす機会は増えるのです。