高血圧と腎臓の関係

高血圧と腎臓の関係

高血圧と腎臓の関係についてご存知でしょうか。塩分には血圧を上げてしまう効力があります。高血圧の人は塩分控えめに、といわれるのはそのためなのです。ラーメンやそばなどで味付けの濃いもの、塩辛いものを食べてしまうと、その後喉が異常に乾くことがありますよね。その後に飲んだお水がやけにおいしかったりします。

 

これはどうしてかというと、体の中に塩分が一気にたくさん入ってきたことにより、体の中の細胞が水を欲しがり始めるのです。体の中の塩分が増えてしまうと、血管の内外療法に水分が多量に含まれてしまいます。水ぶくれになってしまうのです。これは高血圧になる要因のひとつです。

 

血管の外側部分の細胞も水ぶくれ状態ですので、血管が外側、内側から押し合いになっているのです。これは高血圧の第一歩です。こうなってしまうと、私たちの体はなんとか塩分を排出しようと作用します。

 

どんな風にするかというと、心臓は腎臓に向かって尿を作るよう命じるのです。尿と一緒に塩分も排出されます。心臓は一生懸命水分をたっぷり含んだ血液を送るために機能するのです。これが高血圧の要因となってしまいます。また、腎臓の方にたくさん負担がかかってしまうと腎不全となってしまう可能性も出てきます。

 

腎臓にもたくさんの水分がくることになりますので、やはりたくさんの負担がかかってしまいます。これも高血圧の要因となります。ほうっておくと腎不全とになってしまいますので危険です。こういった重い症状が出ないようにするためにも、毎日の生活の中で塩分を摂り過ぎないよう充分に気をつけていきましょう。