高血圧を下げるサプリのおすすめは?DHA&EPA・タウリンどれが良い?

高血圧を下げるサプリのおすすめはDHA&EPAやタウリン

高血圧を放置していませんか?自覚症状があまりなく、サイレントキラー(沈黙の殺人者)と呼ばれる高血圧。放っておくと、命にかかわる病気を引き起こす可能性が。

 

・脳梗塞
・くも膜下出血
・心筋梗塞
・腎障害

 

また、高血圧でない人に比べ2〜3倍も糖尿病を発症すると言われます。メタボ検診でも診断基準のひとつです。高血圧の方の助けとなるのが、DHA&EPAやタウリンなど血圧を下げる成分です。DHA&EPAは、高血圧を下げ、予防に高い効果を発揮。タウリンは血圧上昇を防止。当サイトでは手軽に効率よく摂れる、サプリをご紹介しています。

 

きなりの特徴

きなりは、DHA&EPAの相乗効果で高血圧を下げてくれるサプリです。DHAが血管を柔軟にして流れやすくし、EPAが心筋梗塞のリスクを減らしてくれます。相乗効果により、高血圧を下げ、予防してくれます。1日目安の4粒で、500rのDHA&EPAを摂れます。アスタキサンチンの抗酸化作用が、酸化しやすい成分を守ります。血液サラサラにうれしい嬉しいナットウキナーゼもプラス。高血圧を下げたい方に、おすすめのサプリです。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA&EPAの相乗効果

 

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーEプラスは、牡蠣のタウリンで高血圧を下げてくれるサプリです。牡蠣、ジャンボにんにく、南高梅を配合。牡蠣のタウリンは、ストレス時に分泌されるホルモンを制御して、高血圧を下げます。また、交感神経が活発化を防いで、血圧の上昇を防止。ジャンボにんにくのアリシンが、血栓を予防してくれます。1日目安の3粒。高血圧や食生活の乱れが気になる方に、おすすめのサプリです。

価格 980円
評価 評価4
備考 ビタミンをしっかり摂れる栄養素

 

ナットウキナーゼプレミアムの特徴

小林製薬 ナットウキナーゼプレミアムは、DHA&EPAの効果で高血圧を下げてくれるサプリです。相乗効果で、高血圧を改善・防止してくれるDHA&EPAを、約150r配合。サラサラ効果のナットウキナーゼは従来品の2倍。α-リノレン酸、クリルオイルもプラスしています。1日6粒。高血圧やサラサラ成分が気になる方に、おすすめです。

価格 2,338円
評価 評価3
備考 5種のサラサラ有効成分

 

高血圧の症状・目眩

 

目眩はほうっておくと危険な場合があります。血圧をコントロールできなくなってしまったために起こる目眩は、高血圧によって引き起こされた疾患の場合もあるからです。高血圧と診断され、治療を行っている最中に目眩の症状が続いているという方もいるかと思います。これは高血圧の症状の1つというわけではなく、高血圧によって引き起こされた疾患によるものなのです。

 

高血圧で目眩が起きたと捉える人はたくさんいると思います。それは大きな間違いです。目眩が起きた時、一瞬だけ血圧が上がることがありますが、ただそれだけなのです。ですので、慌てて血圧を下げるための薬を飲んだりしなくても大丈夫です。飲むと体が血圧を下げようと働き、症状を悪化させてしまう恐れがあるので飲まない方がよいのです。

 

降圧薬によって起こる目眩というものもあります。血圧が低くなった時の方が目眩は起こりやすいのです。臓器が活動するために必要とされる血液が行き届かないと、前庭器官が反応してしまい、目眩が起こってしまいます。血圧は高過ぎてもいけないし、低過ぎてもいけないので常にコントロールできる状態がよいのです。

 

たとえ日頃血圧の薬を飲んでいたとしても、血圧が常にチェックしておくのがよいでしょう。また、その日の体調や環境によっても血圧は変わってくるようです。血圧が心配な人は定期的に血圧を測り、適正かどうかを確認しておくと安心ですね。必要に応じて石の判断を仰げばますます安心できるかと思います。

 

日常生活におけるポイント

 

高血圧を治療していく上で、その治療方法には2つの選択肢があります。1つは薬を用いない方法。これは食事療法や運動療法など毎日の生活を見直していく方法です。そしてもう1つは薬を用いる方法です。症状の度合いによって、毎日の生活習慣を見直すだけで改善していく場合もあります。

 

薬を用いなくとも改善されていくというのは素晴らしいことだと思います。高血圧というものは長く付き合っていかねばならないケースも多々あります。ですから、毎日の習慣を見直していくことはことのほか、重要なのです。

 

薬を使わない治療方法には生活療法、運動療法、食事療法の3つがあります。このうち、どれか1つが不十分だったりするとなかなかとうまくはいきません。すべてが バランスよく整った状態がよいのです。

 

そして、なるべくストレスのかからない生活を心がけるようにしましょう。ストレスは血圧の上昇と深くかかわりがあります。家で測定すると数値が低いのに、病院で血圧を測定すると数値が上がってしまうのは、やはり緊張してしまうからだと思います。これも一種のストレスなのです。

 

毎日質の良い睡眠をとるよう心がけましょう。何時間睡眠をとればいいかというと、それも人それぞれです。各々にとって最適な睡眠時間というものがあるはずです。最適な睡眠時間を確保できないままでいると、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていってしまいます。それにより血圧も上昇してしまうのです。

 

お風呂も熱過ぎないぬるめのお湯が良いようです。入浴により血管は広げられ、血行を良くなっていきます。それはすなわち、血圧を下げるといった効果につながります。疲労も回復しますし、ストレスも解消されていくでしょう。

 

高血圧に良いお茶

 

お茶の中には高血圧が予防できる効果を持つものがあります。種類も様々、豊富にあるようです。高血圧には酵素が働くことがあるので、その働きを防止するお茶もあります。また、利尿作用を高めてくれるものもあります。やみくもに購入するのではなく、どんな効能があるのかを確認した上で選んでいくとよいかもしれませんね。

 

自分に合うお茶が必ずあるはずです。また、できるならばノンカフェインタイプのお茶を選ぶとよいでしょう。私たちの体はカフェインを一日どれだけ摂れるかという適量があります。体質にもよると思いますが、できるならばあまち摂らない方がよいでしょう。

 

高血圧の人にピッタリなお茶として「はなまる健康茶」というお茶があります。こちらもノンカフェインのお茶です。現代の日本人はコーヒー好きの人がとても多いと思います。コーヒーといえば何と言ってもカフェインですよね。

 

カフェイン=体に良くないというイメージが強いですが、が多いために今までは体に良くないとされてきましたが、最近ではダイエットへの効果ややアルツハイマー予防への効果を期待されるようになりました。そして、高血圧の人が飲んでも悪い影響は出ないという結果も発表されています。

 

でも、だからといって日に何度もコーヒーを飲んでしまうのはやはりよくありません。過剰摂取とならないよう、程ほどに飲むようにしましょう。体質によってはコーヒー、すなわちカフェインが合わないという人もいるでしょ。飲んだ後に体調がすぐれなくなるようであれば、やめておいた方が無難だと思います。

 

高血圧を下げる食べ物とは

 

高血圧の方は血圧を下げる効果のある食べ物をいただくようにすると良いと思います。では、それはどういったものなのでしょうか。まず始めに思いつくのは塩分を控えることだと思います。

 

これはみなさんご存知なことでしょう。ですが、塩を控えめにすると味全体にしまりがなくなってしまったり、薄味になってしまいますので食事としてはいささか物足りません。どのようにしておいしい食事にするかがポイントとなってきます。

 

まずは味付けを工夫してみましょう。たとえば、クエン酸を含んだ食材を利用するというのはお勧めです。血圧を下げたりはしませんが、味付けという面から考えるとなかなか効果があるのです。

 

どんな効果というと、塩味が倍増するという効果です。これなら塩分を少なくしたとしても、味が薄くなったり、しまりがなくなったりすることがありません。

 

では、クエン酸を含む食べ物にはどういったものがあるのでしょうか。すぐに思いつくのがレモンなどの柑橘系の果物です。また、梅干しやお酢なんかにもクエン酸は含まれています。

 

お酢の成分のひとつである酢酸は、血圧を下げてくれますのでぜひ積極的に取り入れたいものですね。そして、高血圧の方にぜひお勧めしたいのは、生姜や青紫蘇、大蒜といった香味野菜です。

 

これらの食材も塩を減らした料理の味にメリハリをつけてくれます。カリウムが多く含まれたホウレン草やさつま芋などもおすすめです。食べ物の工夫次第で高血圧の症状を和らげることができるなんて、本当に素敵なことだと思います。毎日の食事にぜひ取り入れていきたいものですね。

 

善玉コレステロールは飲酒によって増えるのか

 

アルコールは身体に大きな影響を与えます。その中の一つの影響としてアルコールによってLDLといわれる悪玉コレステロールを減少させ、HDLといわれる善玉コレステロールを増やすといわれています。

 

悪玉コレステロールは動物性脂肪や卵を摂取することによって体内に取り込みますが、多くなりすぎると動脈の壁に付着して動脈硬化を引き起こしやすくなります。このようなときに飲酒をすれば、悪玉コレステロールが減少するので動脈硬化を防げます。

 

また、量としては1日に1合〜2合程度の日本酒を摂取することで心臓血管疾患のリスクが最も下がるということが米国保健科学協議会によって報告されています。つまり、適量の飲酒をすることは、全く飲酒をしない人より長生きするということになります。

 

もちろん、適量というところがポイントですので、飲みすぎると死亡率も高くなりますので、気をつけましょう。ちなみに、1合〜2合程度の日本酒というのはビールで大瓶1本程度、ウイスキーならダブルで1杯程度の量になりますので覚えておきましょう。

 

飲みすぎると死亡率が高まるといいましたが、実際にどういった危険性があるのかというと、まず肝臓疾患が一番可能性としては高いです。肝臓はアルコール処理をしているのでダメージを真っ先に受けます。

 

さらにお酒だけではなく、肴の料理に動物性脂肪が多くなるとさらに肝臓にダメージを受けます。このようにお酒を摂取することで、メリットもあればデメリットもありますのでコレステロール サプリを活用する方法もあります。

 

きちんと適量を意識して摂取できる自身があるのでしたら飲んでもいいと思いますが、つい飲みすぎてしまうという場合は、そもそもお酒で体調管理をするということを考えることをやめ、食事のバランスを考えて食生活だけで改善させるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

更新履歴